TOP

中途採用で就職活動をしている方を応援するサイトです。

ベンチャー企業に就職するメリット

「寄らば大樹の陰」などといったことわざがあるように、就職をする際にも、とにかく大企業を志望するという人が多く見受けられます。確かに、大企業は経営基盤がしっかりしている分だけ、給与、待遇といった労働条件に於いて、恵まれていることは間違いありません。しかしながら、会社の経営規模が大きくなれば、それだけ現場と上層部との距離が遠くなり、一人ひとりのスタッフが自らの創造力を活かして、革新的な仕事をするのは難しくなります。そのように、新しい技術や高いレベルの知識を軸として、大企業では実現することの難しい創造的、革新的な業務に取り組みたいと考えるのであれば、ベンチャー企業への就職を志すのもひとつの選択肢になります。ベンチャービジネスを展開する企業は、中小規模の経営であるからこそ、現場の声が上層部へ届きやすく、それぞれの社員が創意工夫をしながら、オリジナリティ溢れる仕事に打ち込めるというメリットがあります。

「ブラック企業」に気を付けて

テレビドラマやニュース番組でも知られるキーワード、「ブラック企業」は、日本中に存在します。規模の大小は問わず、すべての企業がブラックな側面を持っています。就活生の視点から見た場合、「労働基準法が全く守られておらず、従業員が使い捨てにされている企業であり、薄給激務かつ休日が不安定、もしくは海外出張や単身赴任が多く、睡眠時間が不規則となる」企業が中心です。ブラックな企業に就職してしまったら、短期間で次の職を見つけましょう。長く働いても昇給は愚か勤務環境の改善も見込めませんので、きちんと見切りを付けましょう。どの企業がブラックかは、一般人の目線からは見分けづらいです。ネットや大学での口コミなど、様々な情報ルートを駆使して、就職先を判定する目を養いましょう。ブラックに就職した時は、すぐに親御さんや大学に相談しましょう。ブラック企業の中には、若手を使い捨てにする企業もあります。セルフディフェンスを意識しましょう。

丁寧にエントリーシートを入力しよう

一次試験として、企業が独自の項目を設けて行う自己PR書を、エントリーシートと言います。このシートを使うことで、企業側は受験生の動向を確認でき、受験生は企業が求める人物像を理解できます。シートの目的は、試験の意図を正しく理解している学生かどうかを、企業側が選抜することです。この目的を意識しつつ、文章を作成しましょう。エントリーシートは、書き方が大切です。きちんと所定の形式を守ることが第一ですし、他の方に書類を見せて、しっかりと意図が伝わるような文章形式を守ることも大切です。独りよがりな文章表現では、面接への通過率も低くなるでしょう。誤字脱字は絶対にやめましょう。普段の半分のスピードで、丁寧に所定欄を記入しましょう。シートを空白で提出してしまうと、その人の良さが面接官に伝わりません。どんな些細なことでも構いませんので、きちんと記入してから提出しましょう。日頃から丁寧な作業を行える方が、有利に立てるシステムです。頑張りましょう。


Web業界は需要が高い

スマートフォンが普及している中、今ではタブレットやコンパクトなノートPCの需要も上がってきています。これは持ち出しやすい大きさになったことと、低価格で購入することが出来るようになったこと、それに子供に持たせても安全なセキュリティの向上、ご高齢の方でも操作しやすくなくなった設計、そして何よりも情報を一早く入手が出来、色んな人とネットワーク上でコミュニケーションが取れるようになってきたことが人気が出てきた理由とも言えます。そして、これらのことにすべて関わってくる仕事、それがWeb業界です。これだけの需要があるのですから、求人数もとても増えてきており、公的機関でも増えてきています。Web開発の仕事は沢山あります。その中でも一番求められている職種はWebプログラマーとWebデザイナーです。スマートフォンやタブレットを使用している人であればイメージが湧くと思いますが、今はゲームやLINE・フェイスブック、ツイッター等のコミュニケーションツールが人気を博しています。そして、これらのアプリにおいてもっと集客数を増やそうと、各社で企業努力をされています。需要が高いということは、人が足りないと思って頂いてもいいと思いますので、Web開発に興味がある人がいれば、今がチャンスだと思います。それに、Web業界は華やかなイメージがありますよね。男性であればスーツで出勤するのが当たり前と思われがちですが、Web業界は私服通勤が主流です。また、朝の通勤ラッシュを避けるためのフレックス制を取り入れている企業も多いです。Web業界はIT業界でもありますので、残業が多いというイメージは払しょく出来ません。残業がとても多いと、いくら需要が高くて人気ある職業といえども長続きはしませんよね。最近は数年前ほどの残業が多かった時からは変わってきているようです。働きやすい環境を企業が作っていくことで雇用数を増やし、その結果、利益を創出していく流れになっています。ですので、Web業界を目指している方がおられれば、まずは企業情報をしっかりと事前にチェックし、自分に合うと判断したのであれば、すぐに面接に行ってみてはどうでしょうか。未経験者でもまったく心配することはありません。むしろ、未経験者の方が優遇される場合もあります。それに、Web業界は平均年齢も若いですので、気の合う仲間も増えると思います。前向きに頑張っていけば内定はすぐそこに待っていますよ。

面接は人間関係を築く第一歩です

WEB業界での就職は、経験者や未経験者に限らず、他の業界と同じく面接試験が行われます。WEBプログラマーの採用試験も例外ではありません。プログラマーの仕事は、その名の通り、依頼された設計に基づきプログラミングを行う職業です。その大半はコツコツと作業を行うことになるのですが、クライアントとの打ち合わせがあったり、SEとのやり取りを始め、人と接することも少なくありません。当然、上司や先輩・同僚との関係性も気付かなければなりませんし、時には一つのプロジェクトを進めるためにチームを作り、協力していくことも必要です。企業は新しい人材が入社する際には、その人が周りの社員と上手くやっていけるのかを考えるでしょう。面接では、経験や実績がある場合は大いにアピールすることが大事ですが、それに加えて人としてその会社にいてほしい人物だと思ってもらうことが肝心でしょう。WEBプログラマーとして、どんなに知識や技術が豊富でも、時には分からないこと・知らないことがあれば誰かに聞かなければなりません。また、作業をしていくうちに確認しておかなければいけないことがあれば、会議や打ち合わせを重ねていくことも多いでしょう。そんな時に持ち合わせていて欲しいのがコミュニケーション能力です。自分一人で立派なプログラムが出来ても、チームワークを乱すような人物は会社の一員として相応しくないでしょう。どんな時にも、どんな人に対しても、社会人としての対応が出来るかどうかは、挨拶・言葉使い、立ち居振る舞いや表情、そして話す内容から察することが出来ます。相手の目を見て話を聞き、自分の言葉で話すことは人としての基本です。当たり前のことですが、今一度心得ておくようにしましょう。更に、今どんなことを聞かれているのか、内容をしっかりと捉えて、理解できているのか、ちゃんと質問に対する答えになっているのかが大切です。面接時はどうしても緊張してしまうものですが、出来るだけ冷静な面を残しておきたいものです。面接対策として、様々な質問に答えられるように、自分の経歴・職歴、WEBプログラマーとしてどのような仕事をしたいのかなど、伝えたいことを整理しておくとよいでしょう。これから入社したいと考えている会社なのですから、上司になるかもしれない面接官とのやり取りは、その出来次第で採用か不採用かに加えて、社内での関係を作ることが始まっているとも言えます。面接は入社後の人間関係にも影響してくることもあると考えましょう。
emplay.me